以前作ったMarine busstopの改良版です。
改良版というか、完全に作り直しています。
以前のデザインも、あれはあれでいいんですが、内部が狭く、カメラアングルがかなり限定されます。
この停留所は今後作成する絵本で、かなり重要な場所になりそうなので、できればそういった制約は
可能な限り少なくしたほうが良いと考えて、今回の大改築となりました。 このサイトでは初の、一つの形状を複数アングルで見られる連作の形になっています。

Marine busstop2_1

Marine busstop2_2

まずは普通に2アングル。桟橋は、テント内の天井に設置されたモーターで上げ下ろしができる設計です。

これは、モーターに電力供給を行うバッテリーボックスです。
上部のレバーでモーターの回転を操作します。

最後に巻き上げモーターです。神は細部に宿る、と誰が言ったかは忘れましたが、無駄に作り込んでます。余談ですが、これらの形状のテクスチャは、床板以外は全てイメージを使っていません。ソリッドテクスチャでも複数重ねることで様々な材質を表現することができます。

■戻る