Shade7になってから面光源をあまり使わなくなっていたんですが、
初心に戻って背景の反映無しでレンダリングしてみました。
光源は窓を模した面光源一枚と、ほとんど無くても良い無限遠光源一灯です。

目標としてはフェルメール師のアトリエみたいな雰囲気が出したかったのですが、
やっぱりなんか違うんだよな~。
ライティングだけじゃなく、色彩のバランスなども真似ないとあの味は出ないでしょうねぇ。

■戻る